店舗デザインって何?注意点やデザイン事務所について解説

この記事では店舗デザインの注意点や、店舗デザインの専門家「設計士」などについて解説しています。飲食店やサービス業では「店舗デザイン」が非常に重要であるため、お悩みの方はぜひご一読ください。

飲食店やサービス業といった「頻繁にお客様を迎える業種」の店舗を開店する場合、特に内装のデザインが重要になります。また、店舗の売り上げを左右することもあり、現代では特にSNS映えや、集客率向上のために店舗デザインが行われることも多いです。そこで今回は、店舗デザインの注意点や、店舗デザインの専門家「設計士」などについて解説していきます。

店舗デザインとは

店舗デザインは一般的に「店舗の設計」という意味を持つ言葉です。飲食店であれば、赤や橙色など「暖色系の色」を使うことで、料理を美味しそうに見せる効果があります。逆に青や紫など「寒色系の色」を使うと、食欲が減退する効果があります。

また、照明を明るくするとお店の回転率が上がり、暗くすると回転率が下がります。このように店舗デザインには様々な効果があり、上手く活用できれば、店舗デザインにかかる費用以上のメリットを得ることができます。

店舗デザインの注意点

飲食店を開店する際に、特に重要視されるのが内装工事です。店舗デザインのデザインは、一般住宅で行われる「リフォーム」とは異なり「お客様の利用しやすさを考えたレイアウト変更」や「集客率向上のためのデザイン」などをさします。また、デザインは「壁の色」や「照明の強さ」、「テーブルや椅子の配置」など家具のレイアウトを元に施工されます。

店舗デザインの注意点は「オーナーの好みだけで決めてはいけないこと」です。なぜなら「働くスタッフやお客様が快適に過ごせる空間を作る」というのが店舗デザインの目標であるからです。理想の店舗を作るためには、デザイン会社と話し合いをしながら、お店のコンセプトや理想のイメージを細かく伝える必要があります。

そして、コンセプトは店舗デザインの土台になる部分なので、最優先で考える要素です。コンセプトを決めるコツは「ターゲットにする客層を決めること」です。まず、ターゲットが決まっていないとお店のデザインイメージが作れないため、注意してください。

店舗デザインにこだわらなかった場合に起こりうるデメリット

・「サービスに自信があるから」
・「商品に自信があるから大丈夫」
・「立地が良いから関係ない」
などと「店舗デザインを軽視している方」がまれにいますがそれは間違いです。

まず、店舗デザインは「お店に入ろう」と思わせる入り口であるため、集客に関わる大事な部分です。例えば、立地が良くとも「競合が多い」「外から見るとやっているかわからない」という場合、客入りは見込めません。また、商品に自信があっても「この店はちょっと見た目が好みじゃないな」などと店にお客様が入ろうと思わなければ、結局売れません。

今や、SNSが発達しており「良い店=デザインの良いお店」となっている節もありますので、機会損失を広げないためにも店舗デザインを重要視してください。

経営を見据えたデザインにする

店舗デザインにおけるアイデアの大部分が「オーナーの好み」によって左右されている傾向にあります。しかし、店舗デザインは「自己満足のためのデザイン」ではないことに注意してください。店舗デザインの目的はあくまで「集客効果向上」であり、大前提として「お客様が満足できるデザインを作る」という意識を持ちましょう。

もちろんコンセプトも大事なのですが「お客様が何に関心を持つか」ということもとても重要です。店舗デザインは経営手段の一環であるため、まずは「お客様第一」でデザイン案を考えてみてください。

店舗デザインの専門家について

店舗デザインは自身で考えるがありません。なぜなら、店舗デザインの専門家「設計士」という方にデザインの依頼ができるからです。基本的に設計士とは、何度も話し合いを重ねるため、信頼のおける人間をじっくりと探してみてください。

以下では店舗デザインを行う事務所について詳しく解説していきます。

店舗デザインを行う事務所

壁やテーブルなど内装の設計を行っているのは「設計事務所」と呼ばれる事務所です。設計事務所に所属しているデザイナーは、内装デザインの図面を仕上げ顧客に納品し、顧客の承諾が取れ次第改装業者へ依頼などを行ってくれます。

ただし、改装工事の見積もりを作成したうえで、設計と改装作業を同じ会社で行う「設計施工」と呼ばれる会社もあります。しっかりと確認したうえで業者への依頼を行いましょう。

設計事務所にも種類がある

「設計事務所」と一括りに分類されていますが、事務所にも様々な特徴があり、種類があります。例えば「住宅のデザイン設計専門」という事務所もあれば「施設専門の設計事務所」という事務所もあります。

また「飲食店や、サロンの実績が多い」といった「特定業種に強い設計事務所」もありますので、業種や方向性などで事務所の検討を行ってください。

設計士と建築士の違い

設計士は「既にできあがっている物件をデザインする」という職種であるため、特別な資格は必要ありません。それに対して建築士は「ゼロから建物を建てる」という職種であり、特別な資格が必要になります。やることも値段も異なり、まったく別職種であるため、間違いのないよう注意しましょう。

デザイン設計の料金の割り出し方

店舗デザインのデザイン費は、設計事務所によっても異なりますが
・坪数×5万円
・工事費の10%~15%
以上2つを計算することで「大まかなデザイン費」を割り出すことができます。

坪数の場合、10坪以下の小さい物件でも、最低50万円ほどかかるため、小さい店舗をかまえたい方は思い違いをしないよう注意しましょう。

デザイン設計事務所は予算オーバーすることも

店舗デザインでは予算をオーバーしてしまうことが多々ありますので注意してください。なぜなら「店舗デザインは工事が始まるまでの不確定要素が多いから」です。

例えば
・物件の状態の良し悪し
・天候の良し悪し
などによって「追加の工事が発生する」「工事が遅れてしまう」といったトラブルが起こった場合、予算を超えてしまう可能性もあります。

そのため、予算はピッタリではなく少し余裕を持っておくと、予期せぬトラブルによる心配がなくて済みます。

事務所の価格帯平均を確認しておく

デザイン設計事務所に依頼する場合は「どの価格帯での施工実績が多いのか」というのを見ておきましょう。なぜなら「もしも予算を超えてしまった場合」がどの程度膨らむのかといった平均が分かるからです。

例えば「同じ坪数で同じ施工内容」であったとしても、業者次第で金額に変動がでます。つまり、ある程度の概算が分からないと大きく予算を超える可能性もあるわけです。また、当然ながらデザイナーの腕によって「素材のチープさを消せる」「高級素材の見せ方が上手い」など「施工の能力」に違いがでますので、満足度なんかも確認しておきましょう。

まとめ

店舗デザインの注意点や、店舗デザインの専門家「設計士」などについてはお分かりいただけたでしょうか。

店舗デザインには様々な効果があり、売り上げや客足口コミなどにも影響を及ぼします。そのため「店舗デザインを考えるのが初めて」といった場合には、設計士などを頼るようにしましょう。

もし「店舗デザインが決まらない」などとお悩みの方は「店舗内装工事見積比較.com」という専門サイトでの相談がおすすめですよ。